沖縄旅行

沖縄旅行を楽しむポイントとお得情報など

初めての沖縄旅行、日本国内だけどイマイチ名物・名所がわからない方も多いと思います。ここではそんな沖縄の名物や楽しみ方をご紹介していきたいと思います。沖縄の名物料理といえばサーターンダギーと呼ばれる、揚げてあるパンのようなお菓子、あっさりスープでコシのある麺が特徴の沖縄そば。アメリカ文化の影響を受けたボリューミーなステーキなど、様々な美味しい料理がたくさんあります。見たこともない和風料理文化と欧米の文化が混ざり合った一風変わった料理が楽しめます。
次に、沖縄を観光するポイントですが、沖縄は気候が良く可能ならばオープンカーを借りて海沿いを車で駆け抜けたいところですが、ここでは割愛します。南国の事前を味わいたのなら東村・慶佐次、という熱帯・亜熱帯地域がおすすめです。東村・慶佐次は国指定天然記念物に指定されており、世界的にも貴重な熱帯雨林なのです。
沖縄の綺麗な魚を見たいのならば美ら海水族館がおすすめです。巨大なアクリル板越しに見る大きなサメやエイやペンギンなど、様々な海の生物を見ることができ、非現実的な世界へとあなたを導いてくれるのです。このように様々な魅力が詰まっている沖縄、夏におもむくのもよいですが、冬に旅行に行くのもお勧めです。この時期はシーズンを外しているので観光客が少なく、観光名所を回りやすいからなのです。

Information

  • 観光ついでに気軽な沖縄旅行のグルメを楽しむ

    日本の南国リゾート沖縄は中国や東南アジアとの交易で栄えてきた文化や、終戦後に根付いたアメリカ文化が混在している奥深い食の歴史を持つ場所だと言えます。そこで今回は沖縄グルメが気軽に楽しめる観光地のスポットを2か所ご紹介します。まずは沖縄本島で有名な「美ら海水族館」内で楽しめるグルメをご紹介します。館内には東シナ海の美しい眺めを楽しみながらお食事できるレストランが併設されています。こちらでは沖縄名物の豚の角煮「ラフテー煮込み」や新鮮な「もずく」、中々本土では…

    » Readmore

  • 沖縄旅行で行くハートアイランド黒島

    沖縄と聞くと、本島をイメージされるかもしれません。那覇市の歓楽街や美しいブルーの海を見渡せる海岸線や美ら海水族館。そんな沖縄を思い浮かべられるかもしれません。しかし、沖縄本島から500km離れた石垣島の離島に当たる場所。通称八重山諸島の中にハートアイランドとも呼ばれる島があります。その島の名は黒島です。なぜハートアイランドと呼ばれるのか、それは上空から見た時にその島の形がハートの形に見えるからです。そこは、本当に何もない小さな島です。人よりも牛の方が多く住んでい…

    » Readmore